生活便利Goodsの出島ブログ

カレンダー

フィード

生活便利Goods Album


すっぽんぽん
~本当の気持ちはI love you.

荒野のやせガマンMAN
夜明け間近のカンツォーネ  
生活便利Goods
「iTunes」

「amazon」

「monstar.fm」
好評配信中!! 視聴もできます!  
パッケージ版のお求めはこちら から!

Youtube


楽しいPV
ばばーんと取り揃えております♪

生活便利Goodsのページ


mixi PAGE


facebook PAGE

Live情報

Live情報はまだありません。

もったいないBlues

まんじゅう>さぁ~ご挨拶第三弾!!!どうして生活便利Goodsは配信に力を入れてるの?の巻。

去年の春から音楽配信を始めたのはどうして?

大王>それはね~、ま、これも俺の代表作の「もったいないBlues」の精神からなんだ。

まんじゅう>出たな!前世紀の遺物!!

大王>うん、この「もったいないBlues」を書いた頃はね、今ほど「もったいない」って言葉がフューチャーされて無かったっけ、アレはあのアフリカのオバちゃんのお陰だね。

その後に数曲出たけどね、「もったいない音頭」とかね、でもね、やっぱ「もったいない」に一番似合うのはBluesだって。
この曲は今でもたまにライブでやるんだ。毎回サビ以外の歌詞は即興でやるから楽しいんだ。

まんじゅう>すっかり「もったいないBlues」の話になってるけど、質問は「配信音楽~」なんだけど。

大王>だからさ~、CDってデジタルデータでしょ。
1と0のさ、そして、そのCDって74分とか録音できるんだぜ!

まんじゅう>74分めいっぱい入ったCDなんて殆んど無い。

大王>もったいないだろ~~!!!!

しかも、そのCDをitunesとかその他のフォーマットに変換して聞くんでしょ。

まんじゅう>MP3とかにね。

大王>だったら最初っからそれで購入した方がいいじゃない?途中の作業とかも、もったいな~~~い♪

まんじゅう>MP3とかって音はどう?悪くないの?

大王>そこを一番心配してたんだけど、あっ、ここは320kbpsでしょ、それなら全く問題ない!
裏方仕事とかでも段々MP3でやり取りするようになってね~、最初は128kbsとか192kbsとか色々やってたけどそのうちやっぱ320kbsに落ち着いたんだ。
エンコーダーの性能とかもどんどん進化してるからね、320kbsだったらもう殆んどwavと変わらないよ。(wavとはCD音質の無圧縮データのこと)

まんじゅう>じゃ~CDのジャケットとか中刷りを楽しみにしてる人は?

大王>そこはね、辛い問題なんだ。
そういう人には一手間かけてもらってウチのHPに注文してもらえばお届けしますってことで。

まんじゅう>やっぱ、基本は配信?

大王>うん、やっぱインディーズだからね~、一番苦労するのが「在庫」問題なんだ。
それを解決してくれたのがこの「デジタル音楽配信」ってヤツなんだ。

まんじゅう>在庫を抱えなくて済むんだね。

大王>うん、そして、ウチみたいに「作者からリスナーまで直接」ってことが凄いことなんだ!

まんじゅう>農家から直接お米とか野菜を買うようなもの?

大王>そう、そう!それだよ!
アートの場合はこれは凄く画期的な革命なんだよ。

まんじゅう>そんなに?

大王>音楽の場合は特にね。
これは坂本龍一さんも言ってたけど「一部の人間が売れると思ったもの以外は流通されないシステム」ってのが音楽界の常識だったんだ。

まんじゅう>で?だれが決めるの?

大王>レコード会社とか音楽事務所のカネを出資する(させる)人たち。

まんじゅう>そういう人たちは相当の音楽通なんだろうね。

大王>なわけないじゃん!

これはサッカーに例えると「オーナーとか株主が選手を選ぶようなもの」なんだ。
ま、まれに音楽家出身の監督が選ぶ時もあるけどね、やっぱ最終決定権はオーナーがね。

あっ、もっとヒドイのは、「会議」で決めるってことだよ。
その会議に出てるのは誰も曲なんて書かないしアーティストじゃないんだぜ。

まんじゅう>ふ~ん、で?

大王>結局似たような無難なサウンドが巷に溢れる。

まんじゅう>でも、そういうのに反発して出てきたのがインディペンデントレーベルでしょ?

大王>それがさ、この国ではそれもウソっぽいので溢れてるんだ。
親会社にメジャーいてインディーのフリしてるとこが混ざってるんだ。

まんじゅう>ぜんぜんインディペンデントじゃないじゃん。

大王>それとか、そういう紐付きじゃないちゃんとインディペンデントレーベルなのに、せっかく独立してるのに、出てくるサウンドはメジャーの猿真似ってのも多いよ。
そういうのは色んなとこで低予算な分、仕上がりも...

おっと、そういうインディーの批判が主旨じゃないんだ!!!

こういうデジタル配信音楽ってのはその辺のカネ勘定、資本主義から来るアートへの弊害を取り除いてくれる革命なんだ!ってことが言いたいんだ。

まんじゅう>なんか難しいぞ大王!

要するに配信がどんどん主流になるってことは音楽家にとってもリスナーにとっても良いことなんだね!

大王>そう!やっとあるべき姿になるの。
もう今までの仕組みでやっても良い物は出てき難いの。
停滞しちゃってるの、それをぶっ壊すのがITというか配信音楽なの。

まんじゅう>だから是非、配信で買って欲しい!ってことだね。

大王>うん、第一希望はもちろん「生活便利Goods」のを買って聞いて欲しい

でも、好みが違うならウチのじゃなくてもいいから利用してほしい!

それで、ここに買いたいのが無かったらiTunesでもListenJapanでもMoraでもどこでもいいから配信で買って欲しい!

まんじゅう>配信のマーケットが確立しないと今後が無いもんね。

大王>そういうこと、やっぱエコだしね。一石二鳥ってこと。

まんじゅう>聞かなくなったCDとかね、「もったいな~い」よね。

じゃ~、今回は長くなったけど「配信マーケット」がなぜ素晴らしいかの説明ってことで。

もちろん「生活便利Goods」をよろしくお願いします!

ぽ~~~~~~~~ん!!!!!!



2009-10-23 11:55:26投稿者 : 生活便利Goods(skb_goods)